ネイリストになる日が待ち遠しい!

仕事を続けながらネイリストになるために努力をしているつもりも私ですが、目標を達成するためにはどのような努力が必要になるのかを考えてみました。
ネイリストになるまでの道のりは人によって異なると思いますが、私はこうするべきだと考えた結果をご紹介します。

資格取得を目指す

ネイリストとして活躍するためには、必ず資格を持っていなければ仕事ができないものではありません。
自己流で高度な技術を身につけたという人でもネイリストとして仕事に従事することができるのです。
そもそもネイリストは有資格者でなければ就くことができない職種ではなく、極端に言えば特にスキルを習得していない人でもネイリストを名乗って仕事に就いても良いとされているほどです。

しかし、資格もない自称ネイリストにネイルを施させるのは抵抗感があるという方も多いです。
ひょっとしたらネイルを施されたことで爪がトラブルを引き起こして汚い爪になってしまう場合も考えられます。
あまり信頼できない人にネイルを施してもらうよりも、資格を得てしっかりと技術を習得していると証明された人にネイルを施してもらいたいと考える人が多いのも当然です。

そこでやはり必要になるのがネイリストの資格なのです。
ネイリストの資格はネイリスト技能検定やネイルスペシャリスト技能検定などが存在しています。
それぞれ難易度が異なるため一概には言えない部分もありますが、国内ではネイリスト技能検定のどの等級を取得しているのかがネイルサロンの採用基準になっている場合も多いため、こちらの取得を優先させた方が良いかもしれません。
この場合は最低でも2級以上の合格を目指すことをおすすめします。

ネイルサロンへの就職を目指す

ネイリスト関連の資格を取得できた場合には、いよいよネイルサロンへの就活を本格的に開始します。
ネイルサロンの求人案件を見比べてみるとよくわかりますが、それぞれの職場によって待遇が全く異なること、仕事に従事する時間帯などが違うなどの点に気付くはずです。
当然ながら自分にとって最も都合の良い働き方が実現する職場を優先的に選ぶべきですが、条件が良いなと感じられる職場は他の人も狙っている可能性があります。
ライバルに負けないためにも、確実に採用される実力を身につけておくことが大切だなと考えています。

ネイリストとして必要な技術力はもちろんですが、接客の仕方についてもしっかり気を配りながら仕事ができるようにするつもりです。
お客さまが期待している仕上がりになるように、しっかりとお客さまの希望を聞いて再現できるスキルも習得しておくべきだと考えています。
そのためにもまずはしっかりと技術を磨くこと以外にも大事なことに注目したいと思います。